会社案内

沿革

1972年  1月 「社団法人胆沢地域農業管理センター」として設立
1974年  3月 広域農業施設の整備対策に向け「胆江広域農業懇談会」が発足
1974年  3月 県内3センター(胆江・花巻・紫波)で構成する連絡会が発足
1979年  9月 「社団法人胆江農業管理センター」と名称を変更
1981年  1月 法人旗、標章(TKS)を制定
1983年  6月 県下初のオンラインシステム始動(金ケ崎町住民情報)
1983年  9月 全国農業管理センター総合優良表彰を受賞
1985年  4月 農家基本台帳モデルシステムが完成(水沢市)
1985年  6月 「農業気象対応予察委員会」が発足し、異常気象対応の管理機能が整備
1986年  7月 米穀総合管理オンラインシステム全農協一斉始動
1992年  6月 胆江全市町村の住民情報システムオンライン化
1995年  3月 6市町村農家台帳オンラインシステム化
1995年  4月 新事務所落成(鉄骨造3階建:延床面積 1,058.31㎡)
1997年  6月 通産省「情報処理サービス業電子計算機システム安全対策実施事業所」認定交付
1998年  7月 新合併農協「岩手ふるさと農協」電算システム稼動
2003年  1月 国保総合水沢病院「オーダリング(医事会計)システム」本稼働
2005年  3月 総合行政ネットワーク(LGWAN)ASP事業取り組み
2005年  4月 ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)Ver.2.0認証取得
2006年  2月 奥州市電算システム運用支援業務開始
2006年  8月 集落営農組合経理事務支援開始
2006年 12月 ICカード標準システム共同利用開始
2007年  3月 ISO/IEC 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)更新取得
2007年  4月 コンビニ収納システム稼働開始
2008年 11月 入力電源二系統化実施
2008年 12月 公益法人制度改革の3法人法施行
2011年  3月 コンビニ交付システム運用支援開始
2011年 10月 非常用予備発電装置(自家発電装置)設置
2011年 10月 農業情報発信業務開始(HP:たんコメ)
2012年  8月 「一般社団法人 胆江農業管理センター」法人法改正に伴う組織変更
このページの先頭へ